人手不足解消法!求人情報で他社を圧倒?

人手不足解消法!求人情報で他社を圧倒?

具体的に表記する

求職者に向けて求人情報を表記する際には、その仕事内容の記述に気をつけましょう。どのような仕事をするのかを具体的にイメージできるくらいわかりやすく書くことが大切です。なぜなら、同じような仕事をする場合でも、会社によっては業務内容が異なる場合があります。そのため、これまでの経験が通用しないため、ノウハウを活かしきれないことがあるからです。

求人情報を出すときにしてはいけないことは、自社のことにしか目を向けていない情報を羅列することです。自社のことしか書いていないことで、他社との差別化を図ることが出来ません。また、どのような商品を扱い、どのような会社と取引があり、どのような手法で、どのくらい難しい仕事をするのかという、徹底的なイメージの具体化を図ることで、求職者が自分にできる仕事かどうかを判断しやすくすることが出来ます。仕事先に安心感を持つことで応募に繋がりやすくなります。

もしも求人情報を出すのであれば、自分の会社がどのような仕事をしているのかハッキリと伝わるようにするべきです。全く仕事内容の見えない求人情報には人は集まってきません。また、自社のことだけではなく、取引先などにもアプローチすることによって、より具体化が進みます。